ウォーキングをした時、自分が歩いた歩数をチェックできた方が、いろいろと便利です。
次回は少し多めに歩いてみようかとやる気になったり、反対に無理をしないようにできます。そこで、自分の歩数がひと目でわかる歩数計をつけて歩くことをおすすめします。
最近は歩数計の機能もいろいろと向上しています。基本は、どの機種も
●歩数を計測
付加機能として、各メーカーや機種により
●時計●歩行距離●消費カロリー
などが、ついているものがありますので、自分にあった商品をみつけましょう。

CC愛では、歩数計付内臓脂肪計「Walking NAVI」「Walking MINI」(大和製衡株式会社)を推奨しています

この商品の大きな特長は、“生活習慣病の元凶”である内臓脂肪のチェックができることです。適切な食事管理と運動管理で内臓脂肪を減らすことが、高血圧・高脂血症・糖尿病・虚血性心疾患・脳卒中等の生活習慣病の予防対策になります。
体脂肪と内臓脂肪の違いって?
体脂肪(率)は皮下脂肪と内臓脂肪の合算。美容の尺度には体脂肪率!健康管理の尺度には内臓脂肪測定を!

VFA (内臓脂肪断面積)を推定し、BMI(体格指数)/FAT(体脂肪率)/運動強度などを手軽に計れる
Walking NAVIの特長

1.各種健康管理データのお知らせ
・内臓脂肪断面積の推定
・BMI(体格指数)計算
・体脂肪率計測
・生活習慣の注意度表示
2.最適な運動量(歩数)のお知らせ
・1日あたり目標歩数計算
3.運動量の結果のお知らせ
・歩数/歩行距離カウント
・消費カロリー算出
・目標歩数までの減算カウント
・時計表示
4.効率的な有酸素運動のナビゲート(運動モード)
・目標運動時間の設定
・設定時間の目標歩数までの減算カウントと1分毎の歩数を表示
5.運動終了後の判定(運動モード)
・心拍数から見た運動強度の把握
・心拍数計算
・脂肪減少率の表示
・歩数/目標歩数に対する結果の表示
・消費カロリーの表示
・歩行距離の表示
・運動終了後の最終判定
※歩行距離(m)を時間(分)で割れば、分速(m/分)が求められます。
※VFA(内臓脂肪断面積)とは…
Visceral Fat Areaの略で、お腹の中の内臓脂肪断面積の意味。医学的には、腹部CT撮影による実測値で100平方センチメートルを超えていると、生活習慣病を引き起こす可能性が高いと言われている。
本器はYamato独自の方式で推定し、独自の「指数」で表示。

※BMI(体格指数)とは…
Body Mass Indexの略で、身長と体重の理想的なバランスをみる指数。日本人の理想値は22.0とされている。
※FAT(体脂肪率)とは…
体の中に脂肪(内臓脂肪等も含めた)が占める割合。

※運動強度とは…(Walking NAVIのみ表示)
最大運動時の体の諸反応(心拍、呼吸状況など)を100%とした場合、その運動が何%の強さになるかを表わしたもの。同じ強度でも、体を鍛えると「楽」になる。

Walking MINIには、運動強度測定機能がついていません。
←歩けのページへ CC愛のページへ→