六月といえば梅雨と深緑の季節。雨ふりは好きやないけど、雨の中の紫陽花(あじさい)や雨に洗われた木々の緑は本当にきれいやと思う。
ハイキングとまではいかないけど、深緑をもとめてちょっとだけウォーキング。摩耶山ハイキングコースの登山口から、ほんの少し入ってみると、そこには街とかけ離れた素敵な空間がありました。

青い谷

阪急電鉄神戸線「王子公園駅」の西口を出ると、パンダの「興興(こうこう)」と「旦旦(たんたん)」がお目当ての家族連れでいっぱい。
パンダに心をひかれつつ、動物園横の道をぬけて足は摩耶山の方へと向かう。青谷橋東側の細い裏道をひたすら北へ歩くと摩耶橋に到着。登山口にはお不動さんと
「青谷を経て天上寺・摩耶山」の標識が。
ここからが青谷道の入り口。ほんの少し入っただけやのに、そこはもう深緑の中。空気も温度も全然違う!
青い谷やから青谷なんやとひとり納得。この道をずっと登っていくと、毎日登山の会の署名所曙茶屋がある所。だから歩く人もたくさんです。
サッサと歩く人。杖をついてリハビリでゆっくり歩く人。それぞれ自分に合ったスピードで歩いてはる。
出会う人は「こんにちは」「コンニチハ」ニコニコとあいさつ。
山の中ではみんな和気あいあい。街なかでもこんな風に声だして、誰にでもあいさつしあえればいいのにね。

こんな所に茶園が!

登山口に「観光茶園」の看板があったけど何?徒歩10分って書いてたけどずっと山道やし、だんだん不安になってきた。
でも汗をかきつつ歩いてくと、そこには
緑が広がる茶園「静香園」、竹林に茶室「静香亭」というお店が。格子戸に紺の小さなのれんがゆれてます。
石段をあがっていくと、竹のししおどしが「コーン」と、涼し気な音を響かせ何とも落ち着いた雰囲気。

どうして青谷の山あいに茶園とお店があるの?経営者の前(すすめ)裕二さんによると
「もともとはお茶の店を営んでる両親の為だけの家やったんです」
静かな環境を求めるご両親が、この山あいに家を建てたのは25年前。その時にこの場所に茶園も作らはった。もちろん2代目の裕二さんも参加。
「ここは霧が多くて、水はけや日当たりもよくお茶の生育にはピッタリ」そして「近くに農作物がないので虫も寄ってこないんです」との事。だから、
無農薬、有機栽培ができたそうです。
ここで採れたお茶は大日六丁目商店街(阪急「春日野道駅」山側)のご自分の店「静香園」で売ってます。
お茶にこだわりを持つ裕二さんが、もうひとつ続けてはるのが
「八十八夜の初茶摘み」
王子公園の西側一帯は明治中期、茶畑が広がってた。13年くらい前から、その地元の小学校4校の児童を招待。茶摘み体験をしてもらい、摘んだ葉を各校でお茶にして飲みます。「摘んで、作って、飲んで。子どもたちも楽しんでやってます」うん、楽しそう。
「そして、いつの頃からか母が自宅を開放し、そこで美味しいお茶を飲んでもらって、休んでおしゃべりして帰らはる今の店になったんですよ」
とってもモダンで素敵なお母さまがその都度つくらはる
「茶団子」はやさしい手作りの味。美味しいお茶と共にいただくと、ほぁーんとした暖かいものが心に広がります。
聞こえるのは風の音とウグイスの声だけ。「ここへ来るとほっとする」と常連さんも多いとか。疲れた気持ちが落ち着いてくる、ほんまに
自然のテラピーやね。
頂上めざして本格的な登山もいいけど、ちょっとだけのウォーキングで、ひと休みしに来るのもいいかも。青谷は紅葉もきれいやそう。
茶団子と煎茶のセットは400円

風呂屋の三者会議

今日は摩耶山を目指さず「静香園」でひと息いれて引き返す。これから登る人に「どちらまで行かはったん?」と聞かれては「エヘヘ…、ちょっとそこまで」。今度はちゃんと準備して摩耶山に登ろうっと。
王子公園駅へ下りてく途中に銭湯「まや温泉」。午後2時半から営業中で、つい入ったけど近頃のお風呂屋さんはデラックス。そんなに広くないけどジェット風呂、電気風呂、薬風呂、サウナ、露天風呂ありで盛り沢山。お風呂屋さんも設備が大変やね。
銭湯の良さって、知ってる人も知らない人も裸のつきあい。山の中と同じで、出会う人があいさつしあえる人との関係やと思う。
ちょうど脱衣場では近所のオバちゃんの
三者会議が白熱。皆さんお年は60才以上?
漫才さながら政治・経済・社会・教育・最近の流行について意見交換。家にお風呂はあるけれど、この会議に参加したくて時間をあわせて来はるそうです。「でも意見はいうけど悪口はいわへんのよ」「しゃべって笑って綺麗になって、ええことづくめ」これで340円は安いかな。
街の喧噪から離れて、青谷の緑の中で過ごした独りきりの静かな時間。そして帰りにお風呂屋さんで味わった楽しく賑やかな人とのつながり。その両方が人には大切なものなんやろね。
                  (2001.6.9 ともこ記)
ウォーキングコース
兵庫県神戸市灘区
王子公園から青谷
←歩けのページへ CC愛のページへ→