寒い季節に歩く場合、暖かい室内と寒い戸外とではずいぶんと温度差があります。この温度差が年令や体調によっては、身体に悪い影響をもたらします。防寒に気を配り体温調節に気をつけましょう。
●帽子と手袋
風の強い日は、実際の気温より体感温度はずっと低く感じます。頭や指先をいきなり冷たい強風にさらすと、血管が縮んで急激な血圧の変化を起こしやすくなります。
身体が温まるまでは帽子や手袋、マフラーなどで身体を冷やさないようにします。
●じょうずな重ね着を
しばらく歩いて身体が温まってきたら、それに応じて帽子や手袋もこまめに着脱しましょう。冬は汗をかいたままだと冷えの原因になるので、ウォーキング中に気軽に着脱衣ができるようにして、脱いだものをいれるためにデイバッグも持っていきます。
歩く日の状態によって一番上に着る衣服の素材も変えます。たとえば、風が強くない日はぬれても内側から乾くウール製を。綿のものは一度ぬれると乾きにくいのでさけます。風の強い日はさらに上にウインド・ブレーカ−、雨や雪の時は水分をはじく素材のカッパ兼用のウインド・ブレーカ−を着ます。
●汗をかいたら着替えを
登りのウォーキングで汗をかいて、さぁひと休みという時。夏はともかく寒い季節は下着を取り替えないと急に身体が冷え込みます。下着の着替えを用意しておくことが大事です。
そこで簡単に着替えられるタオル下着の作り方を紹介しましょう。
ふつうのタオルを2本用意する。
それぞれ二つ折にし、山折り部分の両端を平ゴムでつなげる。ゴムは頭が通り抜けられる長さに。
素肌の胸と背中にそれぞれタオルがあたるように着て、そのうえにさらに下着を着る。
このタオル下着なら汗をたっぷりかいてしまっても、服をきたままひっぱりだすことができ簡単に着替えができます。

天候や体調もチェックして、寒い季節もウォーキングを楽しみましょう。
←歩けのページへ CC愛のページへ→